扉や窓の開閉を検知し、警報機本体に無線信号を発信します。

扉や窓の開閉を検知し、警報機本体に無線信号を発信します。

無線式開閉センサー
磁気センサースイッチを無線信号発信器機を内蔵した超小型検知ユニット。付属の両面テープで簡単に接着できます。
誤作動の少ない信頼性の高い防犯センサーです。窓、片開きドア、引き戸、宝石や貴金属のショーケース、ロッカーなど様々な場所の感知に使われています。
センサーはドアや窓が閉まった状態から開いた状態に移行すると発報します。

 

事務所や店舗への侵入者
事務所や店舗の玄関の通用口、窓の開け閉めを監視する防犯センサーです。昼夜に関わらず、警報機が警戒モード中に開け閉めされたことを感知すると、警報機本体に無線信号を発信、警報機が作動します。
赤LEDランプが点滅し、無線信号を送ったことを目で確認できます。
店舗の排煙窓、高窓、トイレの窓、通用口のドア、倉庫のドアなどの防犯監視に御利用いただけます。

 

電源はボタン電池(CR2032)。電池寿命は1日数回送信で約2年間です。
電池の交換は両面テープを剥がすことなく簡単に行えます。
サイズ:縦約79o×横31o×厚さ11o 重量約23グラム

 

センサー、リモコンは警報機内部のディップスイッチ操作で簡単に登録削除を行うことができます。

 

無線式開閉センサー
開閉センサーの色は窓や扉の色に合わせて、ブルー、シルバー、ブラウン、ブラックからお選びいただけます。

 

開閉センサーは小さな磁石と対になっています。磁石とセンサーが離れると、窓や扉が開いたものと認識します。

 

開閉センサーを引き違い窓に設置
開閉センサーを引き違い窓に設置。真ん中に1つで両方の窓を監視できます。

 

開閉センサーをドアに設置
開閉センサーを片開きドアに設置。枠側の方にセンサー本体、磁石は動く方に貼り付けます。

 

屋外の門扉などに設置できる防雨型もあります。

 

お見積もりのご依頼を無料で承ります。お見積もり書はFAXでも送信させていただけます。

 

スマートホンからのお問い合わせご質問
スマートホン、iPhoneからの商品のお問い合わせは下のお問い合わせボタンをクリックしてください。
スマートホンからのお問い合わせ
こちらをクリックしてください。

商品のお問い合わせとご注文は上の、お問い合わせ、のボタンをクリックしてください。お問い合わせ送信欄が開きます。パソコンでご覧の方も御利用いただけます。

 

メールのお問い合わせ
メールで直接のお問い合わせはこちらをクリックしてください。

 

ご注文ショッピングカートはこちら。
ご注文ショッピングカートはこちら。

 

パソコンからのお問い合わせ、ご注文はこちらから。
パソコンからのお問い合わせ、ご注文はこちらから。

 

販売担当
株式会社LIBERO
937-0811
富山県魚津市三田3507-2
0765-24-2816
FAX:0765-24-2793

 

個人情報の取り扱いについて。
お名前、住所、メールアドレス、内容などプライバシーに関連するものは差し出し人の許可なく外部へは漏らしたり転用したりするような事はございません。

開閉センサーの取付方法

【事務所の引き違い窓に開閉センサーを取り付ける場合】
窓や扉を閉め切ったときの、センサー本体と磁石が接触するように設置します。窓が開いたときに、開閉センサーとマグネットが離れるようにします。

 

結露対策と防犯対策をかねて、開閉センサーはサッシの上の方に貼り付けてください。
結露対策と防犯対策をかねて、開閉センサーはサッシの上の方に貼り付けてください。

 

マグネットを窓の中央上部(クレセントの鍵の上の方)の外側サッシに内側ガラス面に付属両面テープで貼り付けます。 結露のひどい場所もサッシの上方に取り付けてください。
マグネットを窓の中央上部(クレセントの鍵の上の方)の外側サッシに内側ガラス面に付属両面テープで貼り付けます。

 

マグネットをセンサーの位置がすぐ隣になるようにサッシ側面に開閉センサー本体を貼り付けます。
開閉センサー本体の接触部分とマグネットの間の隙間が1センチ以内になるように、 開閉センサー本体をもう一方の内側のサッシの側面部分(クレセント取付面)に付属両面テープで貼り付けます。
マグネットとセンサーはぶつからない程度にできるだけ近づけてください。
マグネットをセンサーの位置がすぐ隣になるようにサッシ側面に開閉センサー本体を貼り付けます

 

センサー本体は枠側。磁石は扉や窓の動く側に取り付けます。